ニュース詳細

「舌下療法(スギ花粉症)の治療をはじめました」

2016.10.01

 当院では来期(平成29年)のスギ花粉症に向けて、スギエキスによる減感作療法を平成28年10月より開始しました。この治療法はシダトレンというスギエキスを舌下に投与し、徐々にスギに対して体を慣らしていくやり方で、アレルギー免疫療法ともいわれます。最初は濃度の薄いエキスよりはじめ、安全を確認しながら濃度を濃くしていきます。
 連日投与で4年間にわたり治療を継続します。
 当院ではすでに30年前より皮下注射によるスギ花粉症、ダニアレルギー、さらにハチアレルギーの減感作療法を行い多くの経験を重ねてまいりました。今回の舌下療法は痛みもなく、自宅での治療も可能です。
例年スギ花粉症でお悩みの方、気軽に御相談ください。
                           

                 日本アレルギー学会専門医  猪狩 俊

                                                         

添付資料