睡眠時無呼吸症候群検査

このような症状はありませんか?

このような症状はありませんか? ・大きなイビキをかく ・日中いつも眠い ・居眠り運転をよく起しそうになる ・夜間の呼吸停止 ・夜中に何度も目が覚める ・衣装時の頭痛のだるさ

睡眠時無呼吸症候群とは

 人口の1~2%いるといわれている睡眠時無呼吸症候群は、ほっておくと高血圧になりやすく、さらに循環器障害や脳血管障害などに陥ると言われています。また、日中の眠気がとれず仕事に支障をきたしたり、居眠り運転の発生率を高めるなど他人への影響も少なくありません。
 しかし、治療法も確立されており病体にあった治療を行うことができますから適切に検査・治療が行われれば決して恐い病気ではないのです。

どのような検査をするの?

 
終夜睡眠ポリグラフィー

 この検査では睡眠中の呼吸状態や血液中の酸素飽和度などを測定します。頭部(8ヶ所)、顔(鼻の下と目の脇)、のど(喉仏の脇)、おなか、腰まわり、手の指先に電極やセンサーを装着して種々の生体情報を計測しますが、痛みなどは全くありません。病室内で行動制限はありません。検査入院当日、病棟にてセンサーを取り付けていただき、いつもご家庭で寝ているようにリラックスして睡眠をとっていただければいいです。
 翌日、お目覚めになられたらセンサーを外し帰宅となります。センサー取り外しの目安は6:00~7:00頃です。 

 以上の検査からわかることは、無呼吸数や低呼吸状態の種類やその程度、血液中酸素の割合及び肝の程度などが明らかになります。綿密な状態を把握し、適切な治療を行うにはかかせない大事な検査です。

お申込み・ご予約

この検査は、予約制になっております。お気兼ねなくご相談下さい。
TEL:0243-22-2828